09
2017

「建築+医療+介護+行政」異業種の輪をつなぐ福祉住環境コーディネーターの役割

2017年9月9日(土)、福島県二本松市にて、
「加齢による身体機能変化に合わせた
 住環境整備」と題した基調講演&
グループディスカッションが開催となり
ました。

20170909_135820223.jpg 

このイベントを主催したのは、福祉住環境
コーディネーター検定試験合格者を中心
メンバーとし活動を行っている任意団体
「ふくしまユニバーサルねっと」。
誰もが住み慣れた家や地域で生涯暮らして
いけるよう、住まいの環境について建築は
もちろんのこと医療や介護、また行政など
多方面から考えていこうという活動をして
いる団体です。私はその団体で現在事務局
長をしているところです。

今日の講演では、島根大学で現役の理学
療法士として積極的に活動されている
江草典政先生をお招きし、加齢が身体に
及ぼす影響とそれに対する見極め方及び
環境整備のポイントについて、分かり
やすく教えていただきました。

20170909_134556095.jpg 

第2部のグループディスカッションでは、
参加者同士が少人数のグループに分かれ、
講演の内容を踏まえつつ自らの職務や
家庭での経験について話を交え、新たな
気づきが得られるとても貴重な時間に
なりました。

20170909_153152783.jpg 

「福祉住環境コーディネーター」という
検定試験は、人の暮らしのあらゆる面に
関わってくるためその門戸は広く、
こうして多種多様な職業の人たちが
集まってきます。普段の同業の人からは
聞けないような新鮮な話が、どの参加者
の方にも非常に大きい収穫になったのでは
ないかと思っています。

これからの在宅介護時代に向け、地域包括
ケアシステムの構築が各自治体で進められて
いる中、福祉住環境コーディネーターの
存在は、本来輪の中心になるべき大きな
可能性を秘めていると感じています。
その輪の中で、1つの分野のプロとして
自分はどんなことができるのか。
今後の活動でそれを見定めていきたいと
思っています。

20170725oilil 
おの設計では、実作業(図面の作成や現地調査など)
の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話
でも、お気軽にお問い合わせください!

おの建築設計事務所
<TEL>024-582-3004
<E-Mail>info@koori-onosekkei.com
<Facebook>
https://www.facebook.com/noriaki.ono.39
<twitter>
https://twitter.com/koori_onosekkei
友達申請&フォローもお気軽にどうぞ!


関連記事

Tag:福祉住環境コーディネーター 建築 医療 福祉 介護 行政 介護保険 理学療法士 リハビリ

0 Comments

Leave a comment